HOME > アーカイブ > 2012年実物制作レポート

2012年 実物制作レポートアーカイブ

2012.07.28 (6日目)

16:00 最終審査会&表彰式

こんにちは。レポート担当Hです。
遅くなりましたが、最終審査会の様子をお伝えします!

7月28日(土)朝9時。
昨日まで制作会場だった場所は、完成した12作品がライトアップされ最終審査会のギャラリーに。
12ペアはそれぞれ完成した作品の横に立ち、審査員の先生方が入って来るのを、落ち着かない様子で待っていました。

いよいよ最終審査会が始まります。
一次審査でデザイン画を見て、今回のファイナリスト12名を選出してくださった審査員が最終審査も行います。
「あのデザイン画がどんなふうに完成したのか楽しみです!」と
審査員の先生方も最終審査会をとても楽しみにしてくださっていました。

審査員の装苑編集長片岡先生!高校生は作品への思いを伝えます。
憧れの先生に自分の作品を見てもらえて嬉しそう☆

12ペアは一旦ギャラリーの外へ。
さっきの賑やかな空気は一変し、審査員のみで本格的な審査です。

さあ、いよいよ発表です!

最優秀賞!!おめでと~☆

表彰式では、感動の涙、悔し涙、達成感の涙、いろいろな涙がありました。
全力疾走した6日間、本当にお疲れ様でした。

ニュースです☆

8月1日、東急プラザ表参道原宿でレディー・ガガさん初プロデュースの香水発表会がありました。外には朝から300人の行列ができ、テレビ局や海外からの取材陣も集まっています。

なんと、その会場で最優秀賞を受賞した作品「愛を求める人々」を着るミーシャ・ジャネットさんを発見!!
おしゃれアイコン達が集まる中でもミーシャさんは特に注目を集めていました!

ミーシャさんは、
「このイベントでは、もともと別の衣装を着ていくことが決まっていたけど、完成した作品「愛を求める人々」を見たとき、もう、ひと目で『今の気分はコレ!!』と感じて、作った高校生にお願いして借りてきたの。この作品は、東京っぽくて、ユーモアがある。今の東京を代表するデザインだと思う!デザイン画を見た時からすごく気になっていたけど、完成度の高さには驚いた。」と話してくれました。

~学生のみなさんへミーシャさんよりメッセージ~
「自分らしく、ユーモアをもって好きなことをたくさんしてください。
私も好きなことをどんどんしています。
来年のファッションアワードも、自由で遊び心のある作品に出会えることを楽しみにしています。」

ミーシャさん、ありがとうございました。
そして、来年もたくさんのご応募をお待ちしています!

 

▲ PAGE TOP